menu

若葉病院

診療・部門紹介:睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

SAS(Sleep Apnea Syndromeの略):サス
睡眠中に呼吸が止まる、または浅く・弱くなることにより日常生活に様々な障害を引き起こす疾患です。

閉塞性睡眠時無呼吸の主な症状

  • いびき
  • 日中の強い眠気
  • 起床時の頭痛
  • 倦怠感
  • 起床時の喉の渇き
  • 頻回の中途覚醒
  • 集中力の低下
  • 夜間の頻尿

sasイラスト1

閉塞性睡眠時無呼吸の主な合併症

  • 高血圧(健常人の1.37倍)
  • 夜間心臓突然死(健常人の2.61倍)
  • 脳血管障害(健常人の3.3倍)
  • 居眠りによる交通事故(健常人の7倍)
  • 認知障害・発育障害(小児SAS)…

sasイラスト2

検査の流れ

sas_flow

CPAP治療は月に一度 当院呼吸器内科外来に通院して頂きます。
効果判定検査は6ヶ月に1回を限度として簡易検査を行います。

検査・治療の料金について

簡易検査 終夜睡眠ポリグラフィー検査(携帯用装置を使用した場合):3割 2,700円、1割 900円
精密検査(入院その他諸経費を含め):3割 約50,000円、1割 約16,000円
CPAP治療(毎月):3割 4,500円程度、1割 1,500円程度

※ H28年4月現在の診療報酬点数による

日中の眠気の自己評価(JESS)

JESS:Japanese version of the Epworth Sleepiness Scale

こんなとき、うとうとしませんか?

  • すわって何かを読んでいるとき(新聞、雑誌、本、書類など)
  • すわってテレビを見ているとき
  • 会議、映画館、劇場などで静かにすわっているとき
  • 乗客として1時間続けて自動車に乗っているとき
  • 午後に横になって、休息をとっているとき
  • すわって人と話をしているとき
  • 昼食をとった後(飲酒なし)、静かにすわっているとき
  • すわって手紙や書類などを書いているとき

上の設問に青枠内の点数で採点してください

  • うとうとする可能性はほとんどない:0点
  • うとうとする可能性は少しある:1点
  • うとうとする可能性は半々くらい:2点

合計点数に対しての評価

  • 11点~15点:軽症~中等症の睡眠時無呼吸症候群の疑いがある注意群
  • 16点以上:睡眠時無呼吸症候群の疑いが強く、治療が必要と考えられる危険群

睡眠時無呼吸症候群の治療(CPAP)について

sasイラスト3

CPAP(シーパップ)療法(持続陽圧呼吸療法)はCPAP装置からホース、マスクを介して処方された空気を気道に送り、常に圧力をかけて気道が塞がらないようにします。この療法を適切に行うことで睡眠中の無呼吸やいびきが減少し、SASによる症状の改善が期待されます。CPAPは治療効果が高い治療法です。またOSASが原因で血圧が上昇している場合においては、降圧(血圧を下げる)効果の報告もあります。CPAP療法は検査を行い一定の基準を満たせば健康保険の適応になります。

おすすめの睡眠時無呼吸症候群情報サイト

無呼吸ラボ 睡眠時無呼吸なおそう.com SAS net